SR-LG工法

再生資材を用いた背面充填工法
開発会社 SR協会、電気化学工業株式会社、株式会社ケー・エフ・シー、株式会社大幸総業、北海道電力株式会社 区  分 工法
NETIS登録技術
「SR-LG工法」は石炭火力発電所のフライアッシュ(産業副産物)を細骨材とした可塑性グラウト材を用いたトンネル背面空洞注入工法です。注入口付近にて可塑化材を添加するため長距離圧送(~4,000m程度)も可能で、あらゆるトンネルへの対応を実現しました。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省