同一の遺伝子型の腸管出血性大腸菌O157:H7による感染症・食中毒事案について

スポンサーリンク

埼玉県、東京都、茨城県及び福島県から報告された同一の遺伝子型の腸管出血性大腸菌O157:H7による感染症・食中毒事案について

2018/06/15  厚生労働省 医薬・生活衛生局食品監視安全課

本年5月25日以降、埼玉県、東京都、茨城県及び福島県で報告された腸管出血性大腸菌O157による食中毒・感染症の事案のうち、6件について、同一の遺伝子型であったことが確認されました。

本件の概要については別添のとおりであり、同一の遺伝子型が確認された6件に共通の食材であるサンチュを出荷した生産業者については、6月12日から出荷を自粛しており、本日自主回収を要請しました。

なお、これを踏まえ、本日、都道府県等を通じ、野菜等を生で食べる時には、よく洗うこと、高齢者、若齢者、抵抗力の弱い者を対象とした食事を提供する施設に対し、野菜、果物を加熱せずに供する場合には殺菌を行うよう改めて指導を徹底すること等を通知したのでお知らせいたします。

【照会先】

医薬・生活衛生局食品監視安全課

課長 道野 英司 (内線2471)

室長補佐 岡崎 隆之 (内線4239)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2337

 (別添)(PDF:660KB)

0000212351

スポンサーリンク
スポンサーリンク