マラウイ:カムズ国際空港監視システム運用支援プロジェクト

スポンサーリンク

ODA(The Project for Capacity Development of Radar Control Services at Kamuzu International Airport)

【写真】プロジェクトの様子

国名 マラウイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間 2017年6月~2019年1月
事業 技術協力
課題 運輸交通

プロジェクトの紹介

内陸国マラウイにおいて、航空輸送は外国と直接交易する上で極めて重要な役割を担っており、航空輸送の安全性向上のため、マラウイ政府は航空機監視システムの運用、保守管理に係る能力の強化を必要としています。この協力では、実施中の無償資金協力「カムズ国際空港ターミナル拡張計画」によって整備される航空機監視システムの運用・保守に係る航空管制官・航空管制技術官・訓練教官の能力強化および訓練コースの立ち上げを支援することにより、航空機監視システムの運用と保守の実施を図り、航空交通業務の安全性の向上に寄与します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3

キャプション

  1. 第一回JCCの様子
  2. 航空管制官シミュレータ訓練の様子1(写真提供:(株)ジャイロス)
  3. 航空管制官シミュレータ訓練の様子2(写真提供:(株)ジャイロス)
  • プロジェクト概要(JICAナレッジサイト)

事業評価情報

関連情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク