モザンビーク送変電網緊急改修計画

スポンサーリンク

ODA(The Project for Emergency Rehabilitation of Transmission Network)

【写真】プロジェクトの様子

国名 モザンビーク [協力地域地図]
贈与契約(G/A)締結 2017年8月
事業 無償資金協力
供与額 13.90億円
課題 資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

モザンビークの電力は南部系統と中・北部系統に分離されており、首都が位置する南部系統の電力は、同国最大のカオラバッサ水力発電所で発電したものを南アフリカ共和国経由で再輸入することで賄われています。同国と南アフリカ共和国との長期売電契約が締結されているため、当面の電力輸入量の増加は困難である一方、首都マプト市を中心に電力需要の増加が予想されています。また国内の既存の変電所では、変電設備の老朽化による故障が起こっており、マプト市近郊では停電が頻発している状況です。この協力では、首都マプト近郊において既存変電所を改修することにより、同国南部への電力供給の向上・安定化を図り、地域経済活性化に寄与します。

協力現場の様子

1.写真1

2.写真2

3.写真3

4.写真4

5>写真5

6.写真6

7.写真7

8.写真8

キャプション

  1. Infulene変電所 構内の全景
  2. Infulene変電所 構内の全景
  3. Infulene変電所 T2変圧器及びT1変圧器の配置状況
  4. Infulene変電所 T2変圧器及びT1変圧器の一次側開閉設備
  5. Infulene変電所 本プロジェクトにより更新予定のT2変圧器の一次側開閉設備
  6. Infulene変電所 66キロボルト母線
  7. Matola Gare変電所の全景
  8. Matola Gare変電所 移動式変電所への接続ケーブルを取り付ける予定の母線

事業評価情報

関連情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク