バングラデシュ小規模水資源開発事業(フェーズ2)

スポンサーリンク

ODA(Small Scale Water Resources Development Project(Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印2017年6月
事業有償資金協力
借款契約額118.53億円
課題農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

バングラデシュは近年経済発展を遂げていますが、依然として総人口のうち約3割が貧困層とされています。特に農村部の貧困率は都市部より高水準であり、農民の所得向上のために、安定した農業生産を確保し、生産性を上げていくことが必要となっています。バングラデシュの農業において広く利用されている地下水は、過剰揚水等による減少傾向にあるため、表流水の活用促進が重要ですが、そのためには水資源管理施設の整備が必要となっています。この協力では、ダッカ管区他3管区の農村部において、小規模水資源管理施設整備や水管理組合への技術指導等を通じ、農業生産増加及び農民所得の向上を図ります。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7

キャプション

  1. バングラデシュ農村風景(同国の河川からなる肥沃な大地の恵みが作る大地は「ショナール・バングラ(黄金のバングラ)」と謳われる。同国の人口増加に伴う米の需要、また就労人口の約半数が農業に従事し、重要な労働力の受け皿である等、依然バングラデシュの農業の重要性は非常に高い。
  2. 本事業にて整備する調整水門(雨季に大雨から農地を守り、乾季に雨水を有効活用するための施設)
  3. 灌漑改良システム(雨季に大雨から農地を守り、乾季に雨水を有効活用するための施設)
  4. 水管理組合による調整水門の運営・維持管理
  5. 水管理組合の会議の様子
  6. 水管理組合の会議の様子(女性の参画も促進されている)
  7. 施設の運営・維持管理を担う水管理組合のオフィス(本事業にて建設予定)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする