「河川景観に配慮した護岸ブロックの展示に関するパンフレット」の発刊

スポンサーリンク
国立研究開発法人 土木研究所自然共生研究センター

平成26年3月に「美しい山河を守る災害復旧基本方針」が改定され、「河岸・水際部の形状などに調和した工法検討に関する留意事項」、「保全すべき環境要素に関する留意事項」 及び「護岸ブロックに関する留意事項」等の充実が図られた。これらのうち、「護岸ブロックに関する留意事項」は、「河川景観」及び「自然環境」の2 つに大別し、使用する場合の 留意事項の充実が図られた。この留意事項に関しては、(国研)土木研究所自然共生研究センターと(公社)全国土木コンクリートブロック協会との共同研究の成果の一部が反映されている。

河川景観を保全するためには、護岸が周囲の景観と調和し、目立たないことが原則である。コンクリート系の護岸が露出する場合には、明度・テクスチャー・パターン等それぞれの 留意事項に配慮する必要がある。しかしながら、これらの留意事項のうち、明度以外の留意事項については定量的な評価方法がないため、その考え方に関して普及が遅れている。 そこで、護岸ブロックに関する留意事項の理解を深めることを目的とし、河川景観に配慮した護岸ブロックのプロトタイプの展示を行った。本パンフレットは、その普及活動の一環として作成したものである。

多くの開発者、河川管理者及び技術者に留意事項について理解を深めていただき、より良い川づくりが進められることを期待している。


「河川景観に配慮した護岸ブロックの展示に関するパンフレット」

http://www.pwri.go.jp/team/kyousei/jpn/about/m2_02_KW/05_cyusyokasen_gogan.htm

スポンサーリンク
スポンサーリンク