バイオガスから CO2を分離・回収・活用する技術のガイドライン化

CO2 を使った微細藻類の培養

2018/2/28 国総研

国総研は、平成 27 年度より佐賀市で実証を進めてきた「バイオガス中の CO2 分離・回収と微細 藻類培養への利用技術」の導入ガイドライン(案)を、平成30年2月に策定しました。 本技術は、バイオガス(消化ガス)から分離・回収した高濃度の CO2、そして下水汚泥を脱水し た際に排出される脱水分離液に含まれる窒素・りんを微細藻類(ミドリムシ)培養に活用する技 術です。「CO2を使う」という新たな発想を取り入れることで下水道資源の可能性を拡大し、有効 活用の進化を目指します。 実証の結果、「CO2 分離・回収技術」において、高濃度(99%)の CO2 を生成し、「微細藻類培養 技術」において、下水道資源から微細藻類を培養できることが確認できました。また、「汚泥可溶 化技術」を付帯することで、バイオガス量が増加できることも確認できました。 下水道資源の更なる有効活用を期待できる技術として普及促進を図ってまいります。

image

http://www.nilim.go.jp/lab/bcg/kisya/journal/kisya20180228.pdf