バングラデシュ:カチプール・メグナ・グムティ第2橋建設及び既存橋改修事業(2)

スポンサーリンク

ODA(Kanchpur, Meghna and Gumti 2nd Bridges Construction and Existing Bridges Rehabilitation Project(2))

【写真】プロジェクトの様子

国名 バングラデシュ [協力地域地図]
借款契約(L/A)調印 2017年6月
事業 有償資金協力
借款契約額 527.30億円
課題 運輸交通

プロジェクトの紹介

バングラデシュの主要運輸交通手段には、内陸水運、鉄道、道路があり、旅客・貨物双方において道路利用が7 割以上(2016 年)を占めています。しかし増加する交通量に対し新規の道路整備が追い付かず、維持管理不足により既存道路や橋梁の劣化が進み、旅客・貨物輸送に支障が生じています。この協力では、ダッカ-チッタゴン間国道1 号線 上に位置するカチプール橋、メグナ橋、グムティバングラデシュおよび既存橋に並行する第2 橋の建設を行います。これにより、洗掘対策や橋梁の耐震性向上を含む既存橋梁の安全性の向上、および急増する交通需要への対応を図り、もってバングラデシュ経済全体の活性化に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

キャプション

  1. 既存のカチプール橋
  2. 1991年に開通した既存のメグナ橋。日本の無償資金協力により建設された。
  3. 1995年に開通した既存のグムティ橋。日本の無償資金協力により建設された。
  4. 橋梁を渡るために列をなして待つ渋滞

事業評価情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク