キルギス:ビシュケク-オシュ道路雪崩対策計画

スポンサーリンク

ODA(The Project for Avalanche Protection on Bishkek-Osh Road)

【写真】プロジェクトの様子

国名 キルギス [協力地域地図]
贈与契約(G/A)締結 2017年3月
事業 無償資金協力
供与額 42.88億円
課題 運輸交通

プロジェクトの紹介

内陸国キルギスでは、物・人の移動の95パーセントを道路交通に依存し、約34,000キロメートルの国内道路網は、国民の生活道路、また周辺国との交易を担う主要な経済道路の役割を担っています。中でもビシュケク-オシュ道路は国内の主要幹線道路であり、アジアハイウェイの一部を構成する国際回廊にも定められていますが、急峻な山岳地帯を通過するため、毎年冬期には雪崩等の自然災害が多発し危険です。この協力では、この道路のビシュケクから246キロメートル地点において、雪崩対策のスノージェット(道路を覆うように建てられる雪崩除けの設備)を設置します。これにより、同地点の冬期の車両通行の確保および安全性を図り、国内および周辺国へのアクセスの強化、物流の円滑化に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

キャプション

  1. 雪崩が発生した急峻な斜面

スポンサーリンク
スポンサーリンク