レバノン国立科学研究評議会考古学研究機材整備計画

スポンサーリンク

ODA(The Project for the Improvement of Archaeological Research Equipment of National Council for Scientific Research)

【写真】プロジェクトの様子

国名 レバノン [協力地域地図]
贈与契約(G/A)締結 2017年4月
事業 無償資金協力
供与額 0.73億円
課題 教育

プロジェクトの紹介

レバノンでは世界遺産として登録された5か所をはじめ、歴史上貴重な遺跡が多数存在しています。しかし、内戦の影響などで遺跡の発掘調査が進まず、修復が必要な文化遺産が数多く残っている状況です。この協力では、同国の国立科学研究評議会に対して、考古学研究機材(走査電子顕微鏡,光学顕微鏡,試料作製機材等)を供与します。これにより、貴重な遺跡から出土した遺物などの年代測定や成分分析が進み、より適切な形で文化遺産の保全・修復が行われるとともに、同国国民の歴史・文化への関心の醸成に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

キャプション

  1. 国立科学研究評議会ビル外観
  2. 要請機材設置予定部屋内入口方向(現在空き)
  3. EUより供与の既存機材(左:試料研磨、右光学顕微鏡)
  4. 分析を待つビブロス遺跡の発掘物
  5. 分析を待つ発掘物の収蔵棚
  6. 文化省考古総局
  7. 文化省 に隣接する国立博物館

スポンサーリンク
スポンサーリンク