東海道本線 鷲津駅改札の天井部材一部落下について

スポンサーリンク

平成30年1月17日 東海旅客鉄道株式会社

本日7時44分頃、東海道本線 鷲津駅改札において、駅係員が天井部材の一部 が落下したことを発見しました。

1.発生日時 平成30年1月17日(水)7時44分頃(発見)

2.発見場所 東海道本線 鷲津駅改札 ※住所:静岡県湖西市鷲津

3.落下物
・素 材 : 石膏ボード・岩綿吸音板
・大きさ : 約60㎝ × 約45㎝ × 厚さ約1.8㎝
・重 さ : 約4kg(総重量)

4.原因 駅改築工事に伴う雨漏れによりボードが水分を含み落下した。

5.その他 ・天井までの高さは、約2.6mです。
・建物自体の強度には問題なく、お客様のお怪我もありません。また、列車運行に も影響は  ありません。
・現在は当該箇所の周辺で落下の恐れのある部分を除去しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする