ヤウンデ-ブラザビル国際回廊整備事業(ミントム-レレ間)

ヤウンデ-ブラザビル国際回廊整備事業(ミントム-レレ間)

ODA(Yaounde-Brazzaville International Corridor Development Project(Mintom-Lele Section))

【写真】プロジェクトの様子

国名
カメルーン [協力地域地図(PDF)]
借款契約(L/A)調印
2017年5月
事業
有償資金協力
借款契約額
58.94億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

カメルーン南部州地域は、キャッサバ、調理用のバナナ、カカオなどの農産品や良質な木材、鉱物資源に恵まれた地域です。しかし、豊富な資源を輸送する際、未舗装の悪路区間がカメルーン国内外への輸送を困難にし、高コストにするなど、同地域の貧困削減、経済発展の妨げになっています。この協力は、アフリカ開発銀行との協調融資により、カメルーンとコンゴ共和国の各首都を結ぶ国際回廊のうち、未舗装であるミントムからレレ区間67キロメートルを舗装・整備します。これにより、カメルーン南部州地域の貧困削減、経済発展および中部アフリカ地域内の経済統合の促進に貢献します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク