バリ海岸保全事業(フェーズ2)

スポンサーリンク

ODA(Bali Beach Conservation Project (Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名 インドネシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印 2017年3月
事業 有償資金協力
借款契約額 98.55億円
課題 水資源・防災

プロジェクトの紹介

インドネシアでは各地で海岸侵食が起こり、特にバリ島では、観光産業の過熱化で、海岸環境や景観の悪化、珊瑚礁生態系への影響が深刻な問題となっています。また、気候変動に伴う海面上昇や高波の影響も懸念され、海岸線の背後地の資産防衛、地域住民の安全確保の観点から、海岸保全が課題となっています。「バリ海岸保全事業」では、養浜と海岸構造物建設を組み合わせた海岸保全やタナロット寺院の岸壁補強を行いました。この協力(フェーズ2)では、新たな観光名所として期待されるバリ島東部での海岸保全のほか、海岸維持管理を担う組織の能力強化を支援します。これにより、持続的な海岸管理の達成と海岸浸食被害の軽減による沿岸防災の実現を図り、バリ島の観光産業促進、地域経済の成長と気候変動への適応に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

1.”>写真1

2.”>写真2

3.”>写真3

4.”>写真4

キャプション

  1. 現在(事業実施前)のチャンディダサ海岸。2007年頃に地元のカランガッサム県により設置された礫の海岸。本事業を通じた海岸整備により、礫を取り除き、砂浜へと復元する予定。
  2. 満潮・高潮時のチャンディダサ海岸(事業実施前)。宿泊施設の敷地内まで越波がある。後背地の資産防護、居住地域の安全確保という沿岸防災の視点からも海岸保全は喫緊の課題。
  3. 高台から望む、現在(事業実施前)のチャンディダサ海岸。インドネシアでは防護を目的とした構造物による海岸保全が一般的。無秩序な突堤や堤防等の構造物建設により海岸線がじぐざくになり、砂浜も一部しか残っていない。海岸線を元の位置に近い線に戻し砂浜を復元すると共に、砂浜や海岸環境を維持するための海岸維持管理活動に係る支援も実施予定。
  4. 現在(事業実施前)の北部クタ海岸。満潮時には海岸空間は狭くなり、傾斜護岸を越えて波が到来する。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク