ダムの「防災操作」で河川水位上昇を緩和、貯水量も回復

スポンサーリンク

浦山ダム、滝沢ダムの防災操作
~台風21号による降雨のほぼ全量を貯留~
水資源機構

【台風21号による出水】台風21号の影響で、22日(日)未明より本格化した降雨は、浦山ダム流域では総雨量238ミリに達し、浦山ダムに流れ込んだ水の最大量は、毎秒約113立方メートルに達しました。また、滝沢ダム流域では総雨量197ミリに達し、滝沢ダムに流れ込んだ水の最大量は、毎秒約240立方メートルに達しました。(※ 総雨量は22日0時から降り終りまでの値)【浦山ダムで最大毎秒約112立方メートルの防災操作を実施】この出水に対し浦山ダムでは、ダムに流れ込んだ水のほぼ全量をダム湖に貯めて、川の水を減量しました(添付資料1参照)。

添付資料1

171025dam-arakawabousasousa-koukai
スポンサーリンク
スポンサーリンク