新規ADCを用いた子宮がん肉腫対象医師主導治験開始

スポンサーリンク

企業主導開発が困難な超希少がんの臨床試験計画や新薬開発手法の確立を目指す新規ADCを用いた子宮がん肉腫対象医師主導治験開始

2017年12月4日
国立研究開発法人国立がん研究センター

国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜 斉、東京都中央区)中央病院は、代表的な希少がんの中でもさらに発症頻度の極めて少ない子宮がん肉腫を対象に、新規の抗体薬物複合体(Antibody-drug conjugate: ADC)DS-8201の医師主導治験(試験略称: NCCH1615、STATICE、UMIN試験ID: UMIN000029506)を開始しました。本試験は当センターを含む全国7施設(国立がん研究センター中央病院、埼玉医科大学国際医療センター、静岡県立がんセンター、愛知県がんセンター中央病院、兵庫県立がんセンター、四国がんセンター、九州がんセンター)で実施いたします。

希少がんは患者数が少なく、背景情報が乏しいことや投資に見合った収益を承認後に得にくいこと等の理由から、製薬企業による新規治療薬の開発がなかなか進まない状況にあります。この課題解決に向けて、国立がん研究センターでは希少がんを対象とした多くの医師主導治験を積極的に実施しています。

171204medi-sikyuugann-tikennkaisi
スポンサーリンク
スポンサーリンク