CIM導入推進委員会

スポンサーリンク

国土交通省「CIM導入推進委員会」が開催

国土交通省では、3次元モデルを活用し社会資本の整備、管理の効率化・高度化を図るCIM(※)を、土工、トンネル、橋梁、ダム等へ本格導入するため、CIM導入推進委員会を設置し、関係団体が一体となり目標や方針について検討を行っています。
2017年8月8日に開催された「第4回委員会」では、今年度のCIM 活用の取組方針やCIM を含めた3次元データの利活用の方向性等について議論されました。

※ CIM(Construction Information Modeling/Management)とは、社会資本の計画・調査・設計段階から3次元モデルを導入し、その後の施工、維持管理の各段階においても、情報を充実させながらこれを活用し、あわせて事業全体にわたる関係者間で情報を共有することにより、一連の建設生産システムにおける受発注者双方の業務効率化・高度化を図るものです。

http://www.mlit.go.jp/tec/tec_tk_000037.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク