詳細調査で明らかになる震災被害の長期的な影響

地域住民コホート調査の参加者を対象にベースライン調査から約4年後に2回目の詳細調査を実施したところ、震災被害による影響が一部で依然として続いていることが明らかになった。関連が示されたのは、心理的苦痛、平均歩数、骨密度だった。

廃棄物の削減

廃棄物の削減のために、建物の建替えによって生じるコンクリートなどのリサイクル促進や、塩化ビニル管の再生利用などのリサイクル材の採用を積極的に進めています。

鋼製橋脚隅角部の疲労損傷対策

発生原因は、①大型車の増加と重量超過車両、②張出しが長く大きな力が作用する、③不完全溶込み部が生じやすい、③せん断遅れによる局部的な高い応力。補修は隅角部に当て板を設置し、疲労損傷を含む不完全溶込み部を100φのコアで除去する方法を採用。

スポンサーリンク
スポンサーリンク