JAXA一覧

地球が見える 2019年

2019年4月2日から5月10日にかけて、超低高度衛星技術試験機「つばめ」は、イオンエンジンを用いて高度271.5kmを維持しながら光学センサSHIROPを用いて連日16時半ごろに、東京都心部を観測。

地球が見える 2019年

全球降水観測計画(GPM)において、GPM主衛星や水循環変動観測衛星「しずく」など複数の人工衛星データを用いて、「衛星全球降水マップ(GSMaP)」を作成して提供。「世界の雨分布速報」を用いると1時間ごとの世界の雨を閲覧することができる。

タッチダウン直後の画像

「はやぶさ2」のタッチダウン運用(TD1-L8E1)を、2月20日~22日に行い, タッチダウン後の上昇中に広角の光学航法カメラ(ONC-W1)で撮影した画像を示す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク