群馬大学一覧

忘却の脳内メカニズムの鍵を発見

記憶や忘却に重要な働きをするタンパク質ドレブリンAを作れないマウスでは、ドレブリンEを作り続けて、成熟後も長期抑圧が起こることを明らかにした。ドレブリンAがないと引き起こされる長期抑圧は代謝型グルタミン酸受容体依存性長期抑圧のみでした。

記憶をつくる分子の働きにドレブリンが関与

記憶する時、脳のシナプスのかたちが変わり、働く分子としてカルシウムカルモジュリン依存性タンパク質キナーゼとドレブリンが独立して働いていると考えられていたが、ドレブリンがCaMKIIに結合し共同してシナプスで働いていることを発見した。

トポロジカルな量子バレー流を観測

高品質なグラフェン超格子デバイスを作製してバレー流の検出を試み、巨大なシグナルとしてバレー流を電気的に検出することに成功した。さらに、デバイスの端 (エッジ) に局在した電流が現象を支配している、量子バレー流の可能性を確認した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク