東京大学一覧

卵が時間の余裕をつくり精子の変身を助ける

マウスの卵には、受精時に精子の核を受精卵の核へと変換するための十分な時間を保証する分子メカニズムが備わっていることが明らかになり、メカニズムの詳細が解明された。受精を成立させるために哺乳類に備わっている特有のしくみの1つが明らかになった。

超伝導不揮発メモリの実現

極低温で化合物IrTe2にパルス電流を加えることで超伝導状態を生成し、また生成された超伝導状態を異なるパルス電流で消去することに成功した。物質の状態制御により超伝導-非超伝導状態の書き換えをビットとした超伝導不揮発メモリ機能が実証された。

スポンサーリンク
スポンサーリンク