国立がん研究センター一覧

放射線照射による遅発性認知機能障害を低減

腫瘍摘出術に引き続いて全脳照射療法を行う従来の標準治療と同等の生存期間を保ちながら、放射線照射の副作用として発生する治療開始後91日以降の遅発性の認知機能の発生割合が16.4パーセントから7.7パーセントに低下するなど、全脳照射による有害事象が低減することが確認された。

スポンサーリンク
スポンサーリンク