名古屋大学一覧

酸素ガスの吸脱着により磁石のON-OFF制御に初成功

開発された分子磁石は層状構造になっており、層の間にガスなどの小分子を出し入れできる。磁石分子に酸素が吸着すると磁化が消失、酸素を取り除くと回復することを確認し、酸素吸脱着による磁化のON-OFFスイッチが可能であることを証明した。

緑内障手術練習用の眼球モデルを開発

眼球の白目部分に当たる強膜を薄切りして縫合することが可能な緑内障手術練習用の中空状眼球モデルを開発した。実際の手術と同様に強膜の薄切りと縫合の練習を行うことが世界に先駆けて可能となる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク