はやぶさ2プロジェクト一覧

タッチダウン直後の画像

「はやぶさ2」のタッチダウン運用(TD1-L8E1)を、2月20日~22日に行い, タッチダウン後の上昇中に広角の光学航法カメラ(ONC-W1)で撮影した画像を示す。

アストロダイナミクスと重力測定降下運用

「はやぶさ2」を自由落下・自由上昇させたときの振る舞いから、リュウグウの重力の強さが分かり、リュウグウの質量を求めることができる。アストロダイナミクスの手法を使うことで、探査機やリュウグウの軌道を推定したり、力学環境を評価している。

小型探査ローバMINERVA-II1

「はやぶさ2」の底面の「MINERVA-II1」および「MINERVA-II2」の2つのコンテナに、「II1」には2機、「II2」には1機の小型探査ローバが格納されており、9月に分離がおこなわれるのは「MINERVA-II1」の方です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク