すばる望遠鏡一覧

重くて小さい、初期宇宙の早熟銀河

すばる望遠鏡の近赤外線分光撮像装置 と、大気の揺らぎの影響を補正する補償光学装置を用いて、2マイクロメートル帯での高分解能観測を行い、約120億年前の銀河の大きさ測定に成功。宇宙で最も重い銀河が小質量銀河の合体で進化の可能性を示唆。

すばる望遠鏡発、精密宇宙論の幕開け

すばる望遠鏡とHSCは宇宙のダークマターの3次元分布を明らかにしてきた。銀河の濃淡に代表される宇宙の構造形成の度合を表す値が新たに推定された。従来推定とは矛盾しない結果となったが、最も単純な宇宙の標準模型が予想する値に比べわずかに小さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク