2005放射線防護 | テック・アイ技術情報研究所

2005放射線防護一覧

土壌粘土粒子の表面ナノ構造とセシウム吸着特性との関係を解明

福島第一原子力発電所の事故後、環境中に放出された放射性セシウムが吸着した表層土壌の除染が実施され、膨大な量の廃棄土壌が保管されている。その廃棄土壌の安全な長期管理や減容技術開発のため、日米の計算科学者が連携し土壌におけるセシウム吸着機構の科学的理解に挑んだ。

地下深くの亀裂の連結性を地上から評価する方法を開発

地下の亀裂の連結性が限定的である場合の透水試験で得られる独特な水圧挙動に着目し、他の関連する情報(地質情報や地下水の水圧分布、水質・年代データなど)と比較し確認し検証するという新たな評価方法を考案した。

炉心溶融挙動を予測する新しい数値シミュレーションコードの開発

炉心が溶融した際に溶け落ちる構造物や核燃料などの物質の動きについて、より実態に近い溶融蓄積挙動を予測することができる数値シミュレーションコード「JUPITER」(ジュピター)を独自に開発しました。