2002原子炉システムの運転及び保守一覧

原子炉運転中の燃料のふるまいを計算で再現

安全性評価に関する研究の一環として、燃料を長期間原子炉内で利用する際の安全確保で重要となる温度上昇や変形、放射性を持つ核分裂生成物の放出量などを予測できる解析コード」を大幅に改良し、平成31年3月22日付で無償公開した。

宮城県に設置したモニタリングポストにおける異常値表示の原因と今後の対応について

宮城県に設置したモニタリングポストにおいて、4回、異常値が表示された原因について分析した結果、検出器単体の故障ではなく、モニタリングポスト内部に設置している通信機器からの電波ノイズの影響によって、検出器が誤った数値を算出した可能性が高いとの結論に至りました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク