19環境部門一覧

温室効果ガスを有用な化学原料に転換

金属・セラミックス複合材料のナノ相分離構造のトポロジーを操ることにより、メタンと二酸化炭素から有用な合成ガスを製造するメタンドライリフォーミング(DRM)に対して優れた低温触媒活性と長寿命特性を発揮する触媒材料の創成に成功した

地球が見える 2019年

広範囲での大気汚染物質は、JAXAの気候変動観測衛星「GCOM-C」はや砂塵などの大気中の微粒子を全球規模で観測することができ、偏光の測定を利用すると、PM2.5のような小さい微粒子を従来よりも捉えやすくなる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク