09建設部門一覧

ヤマトデッキ

路面覆工等に使用する覆工板に関する技術で、従来、格子模様であった主要部材のH形鋼を、表面に円形ドット模様を採用した非対称断面とし、軽量化、表面乾燥性向上、及び、製作時のCO2削減を実現した。ヤマトスチール株式会社

GTF受圧板工法

全面緑化による景観性に優れたのり面保護工として、開口部が広く軽量でコンパクトな受圧板とジオグリッドを用いたのり枠を組み合わせる地山補強土工。イビデングリーンテック株式会社

EP受圧板

リサイクルプラスチックを利用した全面緑化が可能な切土補強土工法用の受圧板。株式会社STNサービス

NINJAパネル

地山補強土工法に使用される受圧板で、全面緑化可能なリサイクルプラスチック製である。緑興産株式会社

RBPウォール工法

複数の大型プレキャストコンクリートパネルと特殊アスファルト系ポリマーで保護されたPC鋼棒を使用して一体的に連結し、縦方向に緊張することにより切土法面の安定化を図る耐震性法面補強工法。太洋基礎工業株式会社, 国立大学法人熊本大学

ジオアンカー工法(拡翼型盛土補強土工法)

盛土法面等の厚さ1m前後の表層崩壊防止対策に用いる、グラウト材を使わない抵抗板の引抜抵抗力を活用する機械式のアンカー工である。中野裕司・(有)太田ジオリサーチ・(株)安部技研・(株)水戸グリーンサービス

スポンサーリンク
スポンサーリンク