1800生物工学一般一覧

脳のネットワークを視る新しい技術

超解像顕微鏡の手法の1つである構造化照明法を用いて、神経細胞のつなぎ目であるシナプスの形態、特に樹状突起スパイン(スパイン)と呼ばれる構造の表面形状をナノスケールで解析する技術を開発した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク