1802生物化学工学一覧

有機合成反応で乳がん手術を改革

乳がんの手術中に摘出した組織で有機合成反応を行うことにより、乳がん細胞の有無だけでなく、がんのさまざまな種類(形態)を従来よりもはるかに短い時間で、簡易に識別できる診断技術を新しく開発した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク