1802生物化学工学一覧

トンボ由来の紫外線反射物質を同定

日差しに強いシオカラトンボの成熟オスが分泌する紫外線反射ワックスの主成分を同定、他の生物のワックスと異なり極長鎖メチルケトンと極長鎖アルデヒドが主成分であることを発見、化学合成した極長鎖メチルケトンの自己組織化で強い紫外線反射能と撥水性を実現

原発性硬化性胆管炎の病態に関与する腸内細菌を発見―腸内細菌を標的とした新たな治療法の開発に期待―

原発性硬化性胆管炎(PSC)患者の便中に、肝臓内のTH17細胞の活性化を引き起こす3種類の腸内細菌が高確率で存在することを発見しました。この中の1つであるクレブシエラ菌は大腸の上皮に穴を開け腸管バリアを破壊し、腸管の外にあるリンパ節に移行し肝臓内の過剰な免疫応答を誘導することをマウスにおいて示すことに成功しました

スポンサーリンク
スポンサーリンク