1802生物化学工学一覧

酸化ストレスを感知する仕組みを解明

ストレスセンサーKeap1が酸化ストレスを感知するメカニズムを明らかにした。複数のシステイン残基を使い分けることにより酸化ストレスを感知している。Keap1は不具合が生じても酸化ストレスを感知して生体を守る巧妙な仕組みを備えている。

新しい糖鎖代謝機構の発見

出芽酵母をさまざまな炭素源栄養条件下で培養したところ、マンノースを炭素源とした条件下で培養した際にのみ、O-結合型糖鎖由来の糖鎖がタンパク質から大量に切り出され、遊離される経路が活性化されることを見いだした。

健康な骨の維持にはアミノ酸が重要!

アミノ酸トランスポーターの一種であるL-type amino acid transporter 1( LAT1)というタンパク質が、“健康な骨の維持”に重要な役割を果たしていることを発見し、その詳細な分子メカニズムを明らかにした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク