0303宇宙環境利用一覧

地球が見える 2019年

広範囲での大気汚染物質は、JAXAの気候変動観測衛星「GCOM-C」はや砂塵などの大気中の微粒子を全球規模で観測することができ、偏光の測定を利用すると、PM2.5のような小さい微粒子を従来よりも捉えやすくなる。

地球が見える 2019年

PM2.5濃度予測システムの予測のズレを補正してくれると期待されるのが日本の人工衛星のデータです。JAXAの気候変動観測衛星「しきさい」や「ひまわり」を使って大気微粒子の量を観測できる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク