0303宇宙環境利用一覧

ターゲットマーカ分離運用の延期 について

9月5日に予定していた はやぶさ2の「ターゲットマーカ分離運用」は、バックアップのリアクションホイールの動作試験を実施中、異常値(トルク値の増加)を検出し、探査機は自律的にセーフホールド状態になったので延期した。

近紫外線で夜の地球をみる新しい目

Mini-EUSO望遠鏡(夜の地球の250km四方を近紫外線で毎秒40万フレームで撮影)が2019年8月22日(日本時間)、ロシアのソユーズロケットによって、バイコヌール宇宙基地(カザフスタン)より国際宇宙ステーションに向けて打ち上げらる。

地球が見える 2019年

気候変動観測衛星しきさいや水循環変動観測衛星しずくを統合したグリーンランド氷床の融解域モニタから、2019年6月の氷床の融解面積が直近の数年間において最も拡大していたことが確認された。

スポンサーリンク
スポンサーリンク