2018年12月07日一覧

「もんじゅ」廃止措置の実施状況について

54体の燃料体の処理を完了。これまでに発生した不具合等は、改善を重ね作業に反映。100体という当初目標の達成を目指して、燃料体の処理を2019年1月も継続して実施。5班体制による燃料体の 処理を試行。定期設備点検を2018年12月から開始。

日本でも、海の上の風力発電を拡大するために

日本でも洋上風力発電を増やしていくため、ヨーロッパの取り組みも参考にしながら、課題への対応策を組み合わせた導入促進策を進めていく必要がある。政府は、2017年12月に検討チームを立ち上げるなど、課題の解決に向けた検討を進めてきた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク