平成30 年7月豪雨により被災した三篠川(広島県)の抜本的な治水対策を実施します。

スポンサーリンク

三篠川において災害復旧助成事業に着手

2018/12/06 広島県,国土交通省水管理・国土保全局防災課

平成 30 年7月豪雨によって、広島県が管理する太田川水系三篠川では、 河川断面の不足による溢水(いっすい)や越水※などにより、家屋等の浸水被害や護岸崩壊、JR芸備線をはじめとした橋梁の流出など、甚大な被害が発生しました。
広島県では、被災箇所の復旧に当たって、今後、同規模の豪雨によっても、再度、家屋浸水などの被害が発生することがないよう、災害復旧助成事業により、河道拡幅、河床掘削等を行います。
国土交通省では、本事業について、積極的に支援をしてまいります。

※川などの水があふれ出ることをいい、堤防がないところでは「溢水」、 堤防のあるところでは「越水」といいます

【問い合わせ先】
国土交通省水管理・国土保全局 防災課 災害査定官 齋藤 充 (内線 35-752)
改良技術係長 森野 正之(内線 35-775)

スポンサーリンク
スポンサーリンク