「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/多目的ダム貯水池への流入量予測精度向上に関する調査」に係る実施体制の決定について

スポンサーリンク
2018/11/13  国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

概要

技術・事業分野 ネットワーク/コンピューティング プロジェクトコード P17003
事業名 IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
研究者・研究チーム
問い合わせ先 IoT推進部
担当者:山川、藤田、工藤

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/多目的ダム貯水池への流入量予測精度向上に関する調査」に係る公募を実施し、ご提案いただいた4件の提案について審査を行い、以下のとおり委託予定先を決定いたしました。

1.件名

IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/多目的ダム貯水池への流入量予測精度向上に関する調査

2.事業概要

本事業では、IoT等新たな技術の活用により、多目的ダムの貯水池運用の高度化・効率化を図ることを目的として、ダム貯水池への流入量予測精度向上のために必要なデータについて整理、検討します。データ特定にあたっては、他のダムでの利用可能性も考慮の上で行います。

3.委託予定先

日本工営株式会社、国立大学法人長岡技術科学大学、独立行政法人国立高等専門学校機構長岡工業高等専門学校、株式会社ディー・エヌ・エー(4者共同提案)

4.事業期間

平成30年度

スポンサーリンク
スポンサーリンク