タイ:バイオマス・廃棄物資源のスーパークリーンバイオ燃料への触媒転換技術の開発

スポンサーリンク

ODA(The Project for Comprehensive Conversion of Biomass and Waste to Super Clean Fuels by New Solid Catalysts)

【写真】プロジェクトの様子

国名 タイ [協力地域地図]
協力期間 2017年8月~2022年8月
事業 技術協力
課題 資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

タイでは、近年エネルギー需要が年率約5パーセントで成長し、国内におけるエネルギー供給量やエネルギー輸入量の増加が見込まれていることから、経済負担や温室効果ガス排出量の増大が懸念されています。この協力では、同国で豊富に賦存しているバイオマス資源から、各種バイオ燃料・化学品を製造する触媒転換技術の開発を行います。これにより、高品質の化石代替燃料が生産され、低環境負荷エネルギーの安定供給および低炭素社会の実現に寄与します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7
  8. 写真8
  9. 写真9
  10. 写真10

キャプション

  1. バイオマス原料
  2. サラブリ県の実験場内
  3. フィッシャー・トロプシュ法熱分解反応装置(ガスから液体燃料への転換)
  4. シリンダー入り合成ガス
  5. バイオマスをガス化する装置の設置予定場所
  6. 分析ラボラトリー
  7. バイオマスから作られた液体燃料
  8. 研究に従事する大学院生
  9. JCC(合同調整委員会)での計画説明
  10. プロジェクト関係者(JCCメンバー)

事業評価情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク