ミネルバⅡ1、写真撮影・リュウグウ 着地・ホップによる移動に成功!

スポンサーリンク

2018/09/22 JAXA,はやぶさ2プロジェクト
9月21日に、「はやぶさ2」探査機から小型ローバ MINERVA-Ⅱ1(ミネルバ・ツー・ワン)を分離しました(分離時刻は日本時間で13:06)。MINERVA-Ⅱ1はRover-1AとRover-1Bの2機からなっていますが、2機とも小惑星リュウグウ表面に着地したことを確認しました。各ローバとも状態は正常で、撮影した写真や各種のデータを送ってきています。その写真等の解析で、ローバはリュウグウ表面を移動していることも確認できました。

MINERVA-Ⅱ1は、小惑星表面に降りた世界初のローバ(移動探査ロボット)です。また、小惑星表面で自律的に移動したこと、写真撮影をしたことも世界初です。つまり、MINERVA-Ⅱ1は、「小惑星表面で移動探査をした世界初の人工物」となりました。しかも、2機同時に動作させるという快挙ともなりました。

以下に、MINERVA-Ⅱ1から送られてきた写真を示します。


[別ウィンドウで開く]

図1 2018年9月21日、13:08(日本時間)頃にRover-1Aが撮影。カラー画像。探査機から分離直後に、「はやぶさ2」探査機(上)とリュウグウ表面(下)を撮影した。ローバが回転している状態で撮影しているので画像がぶれている。
(画像のクレジット:JAXA)


[別ウィンドウで開く]

図2 2018年9月21日、13:07(日本時間)頃にRover-1Bが撮影。カラー画像。探査機から分離直後に撮影されたもの。右下にリュウグウ表面が映っている。左上の薄くモヤがかかっている部分は撮影時の太陽光の写り込みによるものである。
(画像のクレジット:JAXA)


[別ウィンドウで開く。(地表が下側になるよう回転)]

図3 2018年9月22日、11:44(日本時間)頃にRover-1Aが撮影。カラー画像。リュウグウ表面において移動中(ホップ中)に撮影されたもの。左側半分がリュウグウの表面。右側の白い部分は太陽光によるもの。
(画像のクレジット:JAXA)

MINERVA-Ⅱ1のカメラはカラーで撮影することができます。図1では、ローバが回転しているために画像がぶれていますが、「はやぶさ2」本体と太陽電池のパドルがはっきりと分かります。パドルは青っぽく撮影されています。図3では、表面をホップしている最中に撮影されたもので、ダイナミックな動きが感じられます。

MINERVA-Ⅱ1の運用は今後も継続します。さらにデータを取得して、解析を進めて行く予定です。

プロジェクトメンバーからのコメント

■吉光 徹雄 「はやぶさ2」プロジェクト MINERVA-Ⅱ1担当

ローバから届いた画像を最初に見たときに、ブレ画像でがっかりしましたが、「はやぶさ2」探査機が写っていたので、ロボットに仕込んだ通り撮像できてよかったです。また、小惑星表面でのホップ中の画像が届いたときには、小天体での移動メカニズムの有効性を確認することができて、長年の研究成果が実を結んだことを実感しました。

■久保田 孝「はやぶさ2」プロジェクト スポークスパーソン(MINERVA-Ⅱ1も担当)

遠く離れたリュウグウの表面から、MINERVA-Ⅱ1の電波が届いたときには,吉報にうれしくなりました。さらに,ホップ中の画像をみたときには、永年の夢がようやく実現できて、ほっとするとともに日本の技術のすごさを実感しました。これが惑星探査の醍醐味ですね。

■津田 雄一 「はやぶさ2」プロジェクト プロジェクトマネージャ

世界初の小惑星表面での移動探査活動を実現できたことは、嬉しいの一言に尽きます。小天体上の表面移動という新たな宇宙探査の手段を手に入れたこと、その技術の実現に「はやぶさ2」が貢献できたことを誇りに思います。

■吉川 真 「はやぶさ2」プロジェクト ミッションマネージャ

13年前の「はやぶさ」のときに達成することができなかった小惑星表面での小型ローバの移動探査が成功して感無量という感じです。小惑星表面の至近距離から撮影された画像には感動しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク