「MINERVA-Ⅱ1」分離運用スケジュール

スポンサーリンク

2018/09/20 JAXA,はやぶさ2プロジェクト

MINERVA-Ⅱ1を分離する運用は9月19日から21日にかけて行われます。9月19日は、探査機が降下するための準備を行い、実際に探査機が降下を開始するのは9月20日です。またMINERVA-Ⅱ1を分離するのは9月21日の予定です。

現時点で予定されているおおよそのスケジュールは、次の表のようになります。探査機の安全性を優先して運用をしますので、状況によってはスケジュールが変更になることがあります。ご了承ください。

MINERVA-Ⅱ1分離の主要なスケジュール
時刻 UTC
(世界時)
時刻 JST
(日本時間)
探査機速度
cm/s
HP高度 m 直下点高度 m 事項
9/19 00:00 9/19 09:00 0 20,000 臼田局開始
9/19 08:10 9/19 17:10 マドリッド局開始
9/19 16:00 9/20 01:00 ゴールドストーン局開始
9/20 00:00 9/20 09:00 臼田局開始
9/20 04:10 9/20 13:10 降下開始確認
9/20 05:10 9/20 14:10 -40 20,000 降下開始
9/20 07:10 9/20 16:10 キャンベラ局開始
9/20 08:10 9/20 17:10 マドリッド局開始
9/20 10:00 9/20 19:00 13,000
9/20 15:30 9/21 00:30 -10 5,000 降下減速ΔV
9/20 16:00 9/21 01:00 ゴールドストーン局開始
9/20 18:30 9/21 03:30 4,000
9/21 00:00 9/21 09:00 臼田局開始
9/21 00:00 9/21 09:00 2,000
9/21 00:10 9/21 09:10 1,500
9/21 03:00 9/21 12:00 500
9/21 03:40 9/21 12:40 250
9/21 04:00
~04:30
9/21 13:00
~13:30
およそ60 MINERVA分離
9/21 04:00
~04:30
9/21 13:00
~13:30
+50 およそ60 分離後上昇ΔV
9/21 05:40 9/21 14:40 TBD HP復帰上昇ΔV
9/21 07:20 9/21 16:20 キャンベラ局開始
9/21 08:10 9/21 17:10 マドリッド局開始
9/21 16:00 9/22 01:00 ゴールドストーン局開始
9/22 00:00 9/22 09:00 臼田局開始

注意:

  • 時刻:おおよその予定時刻(10分刻み)を示す。運用の都合により変更になる可能性がある。 探査機に関する時刻は機上時刻となるので、その確認は電波伝搬時間の約17~18分後になる。
  • 探査機速度:小惑星に相対的な速度(小惑星に接近する方がマイナス、遠ざかる方向がプラス) 速度制御を行った時のみ数値を示す。速度制御の後は、リュウグウ等の引力の元で速度が変化する。
  • HP高度:リュウグウ中心からの距離。
  • 直下点高度:リュウグウ表面からの高さ。
シーケンスの模式図

[別ウィンドウで開く]MINERVA-Ⅱ1分離運用シーケンスの模式図(©JAXA)

図中の言葉の説明

  • dV, ΔV:デルタ・ブイ,探査機を加速すること
  • free fall:自由落下のこと。積極的に速度制御をせずに、リュウグウの引力に引かれるまま落下する。
  • GCP-NAV:Ground Control Point Navigation, 降下運用時の画像誘導航法運用ツール
  • HP:ホームポジション
  • LIDAR:レーザ高度計
  • ONC-T:望遠の光学航法カメラ(探査機下面に設置)
  • ONC-W1:広角の光学航法カメラ(探査機下面に設置)
  • ONC-W2:広角の光学航法カメラ(探査機側面に設置)
  • 姿勢スキャン:MINERVA-Ⅱ1を撮影するために探査機の姿勢を変更する。
  • 定速度降下:ほぼ一定の速度で降下する。最初は秒速40cmほど、高度5kmくらいからは、秒速10cmほどの速度になる。
  • トリガー高度:この高度になると探査機の速度制御を行う。
  • プルームコンタミ回避のための自由落下:図中に示されている期間は、探査機のスラスタを噴かずにMINERVA-Ⅱ1が自由落下する。スラスタのガスがMINERVA-Ⅱ1に当たるのを避けるため。

スポンサーリンク
スポンサーリンク