関西国際空港連絡橋 橋桁の撤去作業の進捗状況について

スポンサーリンク

2018/09/07 西日本高速道路株式会社

台風21号による強風の影響でタンカー船が衝突した関西国際空港連絡橋(空港側2径間)について、橋桁が鉄道方向に最大4m程度横移動しています。まずは、鉄道の運行再開を支援するために概ね2週間 を目標に橋桁撤去作業を行うこととしました。
つきましては、本日の作業状況をお知らせいたします。

■本日の作業状況(9月7日現在)
・水深測量(作業船が座礁しないよう、作業海域の水深や障害物を調査)の実施中
・フローティング・クレーン船:尼崎沖に移動し待機中
・台船A:阪南港に移動し係留中
・台船B:尼崎沖に移動し待機中

■明日の作業予定
・水深測量
・損傷桁安全対策(橋桁の損傷拡大や滑動を避けるために、橋桁をワイヤーで固定)

(別添資料) 関西国際空港連絡橋 橋桁撤去作業状況(9月7日現在)

[参考]橋桁撤去作業計画

水深測量,潜水探査  ⇒ 損傷桁安定対策 ⇒ 吊り金具取り付け,支障物撤去 ⇒ 損傷桁撤去

以 上

スポンサーリンク
スポンサーリンク