バングラデシュ 日本市場をターゲットとしたICT人材育成プロジェクト

スポンサーリンク

ODA(The Project for Skill’s Development of ICT Engineers Targeting Japanese Market)

【写真】プロジェクトの様子

国名 バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間 2017年8月~2021年7月
事業 技術協力
課題 民間セクター開発、情報通信技術

プロジェクトの紹介

近年のバングラデシュの経済成長は、輸出の8割を占める縫製業と海外労働者の送金が支えており、産業の多角化、競争力強化が喫緊の課題です。そこで最優先産業のひとつに、ICT・ソフトウェア産業が挙げられています。2014年、同国ICTセクターの市場規模は、2009年に比べ約3倍に成長しており、その人材育成が急務となっています。日本は欧米につぐ重要なマーケットと捉えられていますが、欧米に比べ市場開発が不十分な状況です。この協力では、同国のICT人材育成能力、及び官民連携体制の改善を支援します。これにより、日本市場を念頭においたICT人材育成プログラムのモデルが形成されるとともに、情報処理技術者試験を含むICT人材育成関連事業を担うバングラデシュ・コンピュータ評議会の実施能力向上に貢献します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5

キャプション

  1. ITEE指導マスタートレーナー研修に参加する研修員(写真提供:神戸情報大学院大学)
  2. パイロットプラグラム 授業風景
  3. パイロットプラグラム 授業風景
  4. 将棋で日本文化を学ぶプログラム参加者
  5. インターン先の宮崎で歓迎を受けるプログラム卒業生

事業評価情報

関連情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク