バングラデシュ災害リスク削減のための建物の安全性強化促進プロジェクト

スポンサーリンク

ODA(Building Safety Promotion Project For Disaster Risk Reduction(BSPP))

【写真】プロジェクトの様子

国名 バングラデシュ [協力地域地図]
協力期間 2015年12月~2020年2月
事業 技術協力
課題 水資源・防災

プロジェクトの紹介

バングラデシュでは、地震の潜在的危険性が指摘されており、防災や建物強化の必要性が急速に高まっています。国連開発計画および世界銀行の調査によると、ダッカ近郊の断層でマグニチュード7.5規模の直下型地震が発生した場合、ダッカ都市圏では建物の約三割が全壊・半壊、死者が約4~15万人と予想されており、建築基準もほとんど遵守されていないことから建物の安全性強化への取り組みを進め、都市部での災害リスクを軽減することが喫緊の課題です。この協力では、住宅公共事業省傘下の公共事業局職員を主な対象に建物の安全性向上のための人材育成体制の強化、耐震診断、耐震設計および施工監理能力の向上、建物の健全化に向けた制度強化を支援することにより、都市部の建物の安全性を改善し、被災リスクの軽減を図ります。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7

キャプション

  1. 施工監理に関する研修の様子
  2. 現地研修の様子(鉄骨ブレス施工現場での現場視察)
  3. ワークショップの様子
  4. 防火に関する研修の様子
  5. 鉄骨ブレス取り付けの様子
  6. 地方研修(マイメンシン)の様子
  7. 鉄骨材組立指導の様子

事業評価情報

関連情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク