2018年08月30日一覧

シンチレーション検出器の光出力を決める仕組みを解明-加速器、宇宙、医療現場などの陽子や重粒子線の正確な計測に向けて-

シンチレーション検出器の光出力が決まる仕組みを解明し、新たに陽子線・重粒子線に対しても発光量を正確に予測することを可能にした。シンチレーション検出器による正確な放射線計測や新しい測定器の開発への貢献が期待できる。

着地候補地点の決定!

はやぶさのタッチダウン、MASCOT、MINERVA-II-1の着地候補地点が決定された。なお、逆行自転しているリュウグウでは太陽系における南側が地理上の “北”になり、上下が逆になる。

ハーフパイプ工法

盛土や切土斜面での防災対策工事における直接打込み可能な水抜きパイプである。溶融亜鉛めっき処理をし鋼管上部をメッシュ状にした。フリー工業株式会社

スポンサーリンク
スポンサーリンク