2018年6月18日大阪府北部の地震の評価

スポンサーリンク

2018/07/10
地震調査研究推進本部
地震調査委員会

 2018年6月18日大阪府北部の地震の評価

  •  6月 18 日 07 時 58 分に大阪府北部の深さ約 15km でマグニチュード(M)6.1 の地震が発生した。この地震により大阪府で最大震度6弱を観測し、被害を伴った。この地震の発震機構は西北西-東南東方向に圧力軸を持つ型であった。この地震は地殻内で発生した地震で、周辺には東西方向に延びる有馬―高槻断層帯、および南北方向に延びる生駒断 層帯と上町断層帯などが存在している。
  •  その後7月10 日16時までに発生した最大の地震は、6月19 日に発生したM4.1の地震で、最大震度4を観測した。地震活動は東西約5km、南北約5kmの領域で減衰しつつも継続している。領域の北部では東に傾斜した面状に、南部では南東に高角で傾斜した面状に、震源が分布している。発震機構は横ずれ断層型と逆断層型が混在しているが、横ずれ断層型の地震は領域の全域で、逆断層型の地震は領域の北部で発生している。
  •  M6.1 の地震の発震機構と地震活動の分布などから推定されるM6.1の地震の震源断層は、概ね南北2つの断層で構成される。北側は東に傾斜する逆断層で、南側は南東に高 角で傾斜する右横ずれ断層であった。
  •  GNSS観測の結果では、今回の地震に伴いごくわずかな地殻変動が観測された。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク