2018年07月12日一覧

カルシウム超重同位体研究へ大きな一歩

重イオン加速器施設「RIビームファクトリー(RIBF)」を用いて「カルシウム-60」を含む計8種の中性子過剰な新しい放射性同位体を発見した。中性子過剰な核物質(無限核子系)の状態方程式に関する研究の足がかりになると期待される。

鋼構造物溶接止端部の疲労強度向上工法

ニードルピーニング工法は溶接止端部を局部的に塑性変形させることによって、溶接止端部に残留している引張応力を圧縮応力に改質する技術である。ピーニングにより付与された圧縮応力により、溶接継手部の疲労寿命が向上する。東洋精鋼株式会社

スポンサーリンク
スポンサーリンク