NEXCO西日本管内の高速道路の被災状況

平成 30 年 7 月 7 日 18 時 00 分現在 西日本高速道路株式会社
報 道 関 係 各 位

NEXCO西日本管内の高速道路の高速道路の被災状況

 かつて経験のない長期間降り続く大雨の影響で、現在、NEXCO西日本管内の高速道路で以下のとおり災害が発生しております。

復旧までに相当な時間を要する区間もあります。お客さまには最新の通行止め・解除情報をご確認いただきますようお願いいたします。

【通行再開について】

大量の雨で斜面が崩落する可能性があるので、降雨が止んだ後に点検し安全を確認して通行再開しています。これまで554kmを通行再開し、現在は1,714kmが通行止めです。24時間体制で復旧作業にあたり早期の通行再開に努めます。

【災害箇所】 被災39箇所(全数)

① E1A 新名神 被災1箇所 〔のり面崩落1箇所〕

② E24 京奈和道 被災1箇所 〔のり面崩落1箇所〕

③ E27 舞鶴若狭道 被災 1 箇所 〔土砂流入1箇所〕

④ E2 山陽道 被災9箇所 〔のり面崩落2箇所、冠水1箇所、土砂流入6箇所〕

⑤ E2 山陽道宇部下関線 被災1箇所 〔のり面崩落1箇所〕

⑥ E2A 中国道 被災6箇所 〔のり面崩落6箇所〕

⑦ E73 岡山道 被災3箇所 〔のり面崩落3箇所〕

⑧ E31 広島呉道路 被災1箇所 〔のり面崩落1箇所〕

⑨ E73 米子道 被災1箇所 〔のり面崩落1箇所〕

⑩ E2A 関門道 被災2箇所 〔のり面崩落2箇所〕

⑪ 関門トンネル 被災1箇所 〔のり面崩落1箇所〕

⑫ E32 高知道 被災3箇所 〔のり面崩落2箇所、橋流出1箇所〕

⑬ E3 九州道 被災5箇所 〔のり面崩落3箇所、冠水1箇所、土砂流入1箇所〕

⑭ E10 東九州道 被災2箇所 〔のり面崩落2箇所〕

⑮ E34 長崎道 被災2箇所 〔のり面崩落2箇所〕

【上記のうち重篤被災箇所】 6箇所

特に、下記の区間は復旧までに相当な時間を要する見込みです。

E2 山陽道 河内IC~本郷IC (土砂流入:別添資料番号 22)

E2 山陽道 志和IC~広島東IC (土砂流入:別添資料番号 20)

E2A 中国道 新見IC~北房IC (のり面崩落:別添資料番号 33)

E32 高知道 新宮IC~大豊IC (土砂流出に伴う橋梁上部工流出:別添資料番号 31)

E3 九州道 新門司IC~小倉東IC (のり面崩落:別添資料番号 13)

E10 東九州道 椎田南IC~豊前IC (のり面崩落:別添資料番号 17)

別添資料 http://www.w-nexco.co.jp/emc/emcpdfs/20180707231337-01.pdf

① NEXCO西日本管内被災状況図

② 被災箇所写真

③ 重篤被災箇所写真