組立式自航艇

スポンサーリンク
フロート4分割の組立式、水深60cm自航できる作業船
開発会社 株式会社高知丸高 区  分 工法
NETIS登録技術
本技術は、船尾にエンジンを搭載させた組立台船であり自航可能。従来は、浚渫船または、フロート台船へクレーンを搭載させ、現地へ引船により移動していた。本技術の活用により、1艇で移動・運搬・施工ができ、施工性の向上・工期短縮に繋がり、コスト縮減が期待できる。
・引船が不要で、エンジンを2基搭載し、自航できる構造とした。
・組立式小型自航艇で、輸送可能重量が41t(喫水の設定により変動)で、クレーンやバックホウ、重機アタッチメントなどが積載可能とした。
・4分割の組立式、大型トラック4台で搬送可能、1時間組み立てられる構造とした。
・アンカー・スパット式:重機乗降ダンパーを取り付けた。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク