マダガスカル:アロチャ湖南西地域灌漑施設改修計画

スポンサーリンク

ODA(The Project for Rehabilitation of Irrigation System in South-West of Alaotra Lake)

【写真】プロジェクトの様子

国名 マダガスカル
贈与契約(G/A)締結 2017年7月
事業 無償資金協力
供与額 30.48億円
課題 農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

マダガスカルの農業セクターは国の労働人口の63パーセント、GDPの26パーセント(いずれも2015年)を占める重要産業です。特にコメは主食であり、農民の7割が稲作に従事していますが、主要なコメの産地、アロチャ湖南西の灌漑地区では、上流域で行われる森林伐採や焼畑が原因で、河川や灌漑水路に土砂が堆積し、灌漑用水の供給に支障を来しています。この協力では、アロチャ湖の南西地域およびその上流域において、灌漑施設を改修します。これにより、対象地域に安定した灌漑用水の供給を図り、同地区のコメの生産量拡大に寄与します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7
  8. 写真8

キャプション

  1. 流域に発生している山地斜面の崩落現象。
  2. 灌漑受益地。後方に崩落地が見られる。
  3. サハベ川本流とサハベ頭首工。
  4. サハベ頭首工の堰体と取水口。
  5. サハベ頭首工と土砂吐ゲート。操作不能になっている。
  6. 幹線用水路の上流部。堆砂が最も多いところである。
  7. 一次用水路に設置されている水位調整ゲート(スルースゲート)スピンドルの欠損で操作不能となっている。
  8. 幹線排水路沿いの農道。路面の凹部に水が溜まっている。

事業評価情報

関連情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク