生物の形質改良を加速する新しいゲノム改良技術の発明

スポンサーリンク

2018/05/22 東京大学 豊田中央研究所 トヨタ自動車 理化学研究所

東京大学は豊田中央研究所、トヨタ自動車、理化学研究所と共同で、生物のゲノムDNAを大規模に再編成して形質の改良を著しく効率化する新技術の開発に成功しました。

優れた形質をもつ農作物の育種や、有用な発酵性能をもつ発酵性微生物の改良には、複雑な性質に関わる多数の遺伝子を同時に改良することが必要とされます。従来の技術では多数の遺伝子を同時に変化させるのに、長い年月を要したり、また生物に致死的な影響が出ない範囲で実験を行ったりする必要があり、改良効率が限られていました。

今回、DNA切断活性を温度で調節できる酵素を生細胞内に導入し、一時的に細胞を加温して活性化させることで、細胞のDNAをランダムに切断/再結合(シャフリング)させ、効率的に多数の遺伝子が関わる複雑な形質を改良する新しい技術を開発しました。

この方法を用いることで、熱帯環境下のような高温下で効率的にバイオエタノールを合成できる酵母や、新しい形質をもつ植物などを効率的に生み出す事に成功しました。また、ゲノム進化のプロセスを実験的に検証するためにも、この技術が有効である事が示されました。

詳細は東京大学ホームページ内のPDF(426KB)をご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当

スポンサーリンク
スポンサーリンク