2018年05月11日一覧

反復配列RNAの異常発現が膵癌発生を促進するメカニズムをマウスで確認

これまで機能を持たないと考えられてきた反復配列RNAの一種であるMajSAT RNAと呼ばれる「サテライト配列由来のRNA」がYBX1というタンパク質と結合すると、YBX1のもつDNAダメージ修復機能を阻害して、突然変異の蓄積を促進、細胞を癌化させることを見出しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク