環境 DNA の河川事業への適用を目指した共同研究に着手

環境 DNA の河川事業への適用を目指した共同研究に着手

水をすくって川の生き物を特定

2018/04/24  国立研究開発法人土木研究所

河川水に含まれる生物のDNAを抽出し、周辺の生物の種類や数を迅速に調査する方法を、環境DNA分析と言います。この環境DNA分析を河川管理の現場で活用することを目指し、土木研究所と民間会社が共同研究(H30‐32)を行うこととなりました。本共同研究 のキックオフとして、平成30年4月25日に全体会議が開催されます。

20180424_02

http://www.pwri.go.jp/jpn/about/pr/press-release/pdf/20180424_02.pdf

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする